当然ですが、子どもの成長は個々で差があるものです。しかし親となればそれが分かっているものの、成長が遅く感じてしまいますよね。特に男子で「ウチの子は成長が早い」いえるお母さんは珍しいぐらいでしょう。成長期がどれくらいの時期だと遅くなるのか、また遅い事による影響をまとめてみました。悩めるママへ少しでも役に立てれば幸いです。

 

成長期はいつやってくる?

「我が子の成長は遅れているのかもしれない」と思ってしまう親はかなり多く、心配したことの無い親はあまりいないと思います。特に周りのお子さんが大きくなっていく時に少しでも遅いと感じると不安になりますね。

「成長期」は思春期の数年間に迎える事が一般的です。だいたい11歳~18歳で、「第二次性徴」が始まり、心身ともに不安定になる時期です。

体が大人なっていく一方、精神面での幼さとのギャップに苦しむ時期ですね。成長期は早い子どもでは小学校高学年には始まりますが、遅いお子さんでは高校生から始まる事も珍しくありません。

特に女子は高校生までに終わる事が多いですが、男子の場合は17歳~19歳にピークを迎える事もあります。なので、中学校に入ったばかりで周りよりも幼いように感じても心配する必要はありません。

 

成長期にはどのような変化が表れる?

まず精神面では自立したいという欲が生まれ、親や周囲の大人との接触を避けるようになる事が多いです。

また新たな価値観に目覚め、好みや考え方もガラッと変わり、悩みも多くなる時期です。こんな時期は親としても色々と悩みますね。「分かっているけどこのままにしておいて大丈夫だろうか?」と葛藤する日々を送ってしまいます。

そして身体的な変化も伴います。男女ともに大人の体へと変わっていきますが、この時期は身長が急激に伸びます。これは「成長軟骨」とも呼ばれる骨端線があるおかげです。

骨端線は成長期の骨にしか潜在しないもので、成長期の子どもの大腿骨の関節の周りにわずかな隙間ができ、これが骨端線と呼ばれます。骨端線がある時期=成長期なので、違う言い方をすれば年齢に関係なく骨端線がある内は身長の伸びは期待できるのです。

 

身長が伸び悩んでいると思うのはこの骨端線が表れる時期が遅いためである可能性もありますが、成長期のないお子さんはいません。

なので成長期が例え周りから遅れていても、悪影響があるわけではありませんので心配し過ぎないでください。特に男子は高校2年生でもまだまだ期待ができます。成人になっても男女ともに身長が伸びている人も多くいます。

成長期がやってくる時期が遅くて、身長があまり伸びないかと心配なお母さんは身長サプリをお子さんの成長期の始まりに導入する事も有効かもしれません。

サプリ自体は成長期を呼び込むものではありませんが、成長期に必要な栄養素を豊富に効率よく摂取する事により、ブースト効果が期待できます。仮に短い成長期であってもグングンと伸びていく可能性があります。

 

身長サプリで一番口コミ評価が高いのが贅沢のびるんるんです。最新の専門家による研究を元に、成長期に本当に必要な成分が天然由来の素材で作られています。アレルギーフリーなのも安心で、お菓子タイプなので中高生のお子さんのストレスになったりコンプレックスを助長してしまう心配もありません。

公式販売サイトからモニターコースをお試しするのが最も安く、公式サイトなのでアフターフォローもバッチリです。お子さんの身長や成長期が心配なお母さんは一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

お子さんの成長期を万全にバッチリサポート!贅沢のびるんるんの公式販売サイトはこちら